読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病膏肓に入る

どうしようもないジャニヲタ

君にはもっと この先ずっと

.

 

f:id:ineeeee13:20170124203253j:image

 

 

35歳の誕生日おめでとう!

 

貴方のおかげで私は毎日幸せです。

(いつもありがとう。)

貴方の笑顔で元気になれる。

(貴方の笑顔がだいすきです。)

歌ってる姿、踊ってる姿、司会してる姿、全部好き。

(なんでもできちゃうけど、実は天然な貴方。)

貴方が私の全てです。

(人生の半分、貴方と共に過ごしてきました。)

今年も貴方にとって素敵な1年になりますように。

(35歳の貴方もすきです!)

 

 

I hope you more smiling in the future !

(笑っていてね)

 

 

 

Happy birthday to Sho.S / 2017.1.25

 

稲藤

#じゃにおたバトン やってみた ver.嵐

.

 

バトン、懐かしいなあ。ということで数年ぶりにやってみる。

 

なんでタイトルが「ver.嵐」かって?そりゃあ私が手に負えない浮気性だからに決まってるじゃないですか(ただの掛け持ちです)。そんなわけであと2つは書くつもりです。

今回は嵐ということで、ファン歴が長いぶん記事もほんとに長いです。とりあえずごめんなさい。

それでは私のお話に暫しお付き合いください。

 

 

 

じゃにーずおたく自己紹介ばとん

【名前】 稲藤

リアルでのあだ名「稲」(本名に入ってない)と好きな漢字「藤」を合わせました。よく イネフジ と読み間違えられますが イナフジ です。

【今の担当は?(複数可)(推しでもどうぞ!)】

名前:櫻井翔

好きなところ

おいしそうにご飯を食べるところ、ほんっと母性本能をくすぐるんですよねえ。そしてニュースキャスターも務めるA型男の私生活が意外とズボラだっていうギャップ。さらにあれだけイケメンなのに動作が女の子。好きな動作あげ始めたら止まりません。

担当になったきっかけ

正直よく覚えてないです。担当の概念がないまま嵐のファンをしていたらいつの間にか櫻井翔に落ち着いてた、といった感じでしょうか。 

【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】

ジャニヲタ、というならば間違いなく中学一年生です。それまで嵐一本で生活していて、中学校に入学して新しくできた友達がJUMPメインのジャニヲタだったので見事に影響されました。

【担当遍歴】

先ほど箱推しから櫻井翔に安定した、と言いましたが、記憶にある中で一番古い櫻井さんに湧いていた時期はTimeのときなので……うわ、ほぼ10年前だ。一時期(風景魂辺りだったかなあ)二宮さんに惹かれて二宮担になりかけてましたが(櫻井さんのうちわに混ざって二宮さんのうちわがありました)、なんだかんだ10年間櫻井担をしています。そんなわけで最近相葉雅紀松本潤にdr期です。

【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】

間違いなく磁石です。(即答)

 f:id:ineeeee13:20170124193014j:image

一時期二宮担になりかけてたくらいですから、櫻井さんの次には二宮さんがいるわけです。そんなツートップ、磁石がすきです。二宮さんをデロッデロに甘やかす櫻井さん(磁石推しフィルター)と、そんな彼に対して満足げな二宮さん。櫻井さんが二宮さんの手の内で転がされてるようにしか見えません(磁石推しフィry)にのあいが幼馴染みなら、磁石は兄弟みたいなんですよね。こう、言動を見てるとどこかでお互いのことが大好きなんだろうなあ、と思うわけです。

【1番心に残ってる現場】

2012年の『Beautiful World』です。オーラスに入ってました。1曲目の『僕が僕のすべて』がどうしても忘れられないですね。サビだけをアカペラで歌ってたんですけど、本当に、心に染み渡る歌声っていうか……。1曲目にして見事に号泣しました。あと美世界オーラスといえば櫻井翔のバースデーサプライズ。有名なT.A.B.O.O.事件です。入場前に、同行した子と「絶対何か(サプライズ)あるよね~」とは話していたのですが、まさか網タイツでくるとは………。びっくりしすぎて後半全く声出てなかったです(叫びきった)。

【初めて行った現場】

忘れもしない、2011年1月15日。風景魂のオーラスイブ(?)でした。ヤフオクドームです。毎回そうですけど、一言目は「生きてる」なんですよね。あ、櫻井翔はほとんどきませんでした(※記憶に残ってるファンサ参照)。

【最近行った現場】

ワクワク学校のオーラスです。感想としては「ありがとう、いい磁石でした。」というしかありません。櫻井翔の天秤に乗りたい。

【次行く現場】

アユハピ行きたかった(遺言)

【記憶に残ってるファンサ】

ほんとに不思議なんですけど、私毎回コンサートに行くとメインステージに向かって左側にしかならなくて。そしてこれも何故だか相葉雅紀がよくやってくるんですね。自担は決まってきません。あとライブは自意識過剰にならないと楽しめないと思っているので(楽しめないとは言ってない)、目が合ったと毎回思ってます。特に松本潤とよく目が合います。

そういえば初めてのアリーナ席はTHE DIGITALIANの花道真横だったんですけど、目の前に相葉雅紀のケツがありました。ありがとう。

【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】

1. Oh Yeah!

コンサートでやる曲、と言われたら間違いなくこれが一番です。言われなくても一番でした。全力で腕を振るのが楽しくて楽しくて。朝一で聞くとかなり目が覚めます。「いつからか少年は」からの相葉ソロが大好きです。優しいなあっていつも思います。というか'07年の嵐さん個人的にとても好きです。程よく大人になった少年、っていうのかなあ。

2. Lotus

割と相葉ドラマの曲に好きな曲多いんですよ。なんでなんだろう。「目の前にある」からの櫻井パートの声がめちゃくちゃ好きです。あとサビ頭で5人の声が絶妙な高さで合ってるところ、ぶわあってきます。ラストの「うぉー↑うぉー↑↑うぉーーーーー↑↑↑」の大野さん、いいですよね。

3. To be free

ラスサビ前のサビ(?)やばくないですか?すっっごい綺麗で、でも繊細で爽やかで、もう水色!って感じ……(語彙力の低下)そりゃ三ツ矢サイダー飲みたくなるわ。これを作った方と全力で握手したい。天才だと伝えたい。「大切なものに 気付くのだろう」の櫻井さんの声が好き。

自担のソロ曲:このままもっと

勝手に自担ソロ枠つくりましたテヘペロ(死語)。前の記事で書いた通り、私の好きな100+さんが手掛けた曲です。基本櫻井ソロって帝王か甘ボイスだと思うんですけど、私はこの高さの甘櫻井さんがとても好きなんですよね。コンサートのときのビジュも最高だった~~!腰チラありがとう。

【好きな振り付けTOP3(好きポイントも…!)】

1. Sakura

もう振り付け師の方と熱い抱擁を交わし握手をしたい。それくらい好きです。MステSPのヨウジヤマモト(ブランド)の衣装はほんとに伝説だと思う。あの時の本気を出した二宮和也に全国の嵐ファンは確実にやられましたよね。この振りはなんと言っても緩急の付け方が絶妙。

2. Lotus

曲自体もトップ3に入るくらい好きですし、振り付けも好きなので総合ポイントでは好きな曲一位なのでは? PVの白スーツ(?)がどタイプです。リリース時必死にPVリピートして櫻井さんの振りコピーしてたのが懐かしい。もちろん振りはもう忘れました。

3. Endless Game

は~い!自担メイン曲!終わりのポーズはお顔まん丸のときにやるとめちゃくちゃぶさいくだからやめなさ~い(好き)! LOVE魂の肩の羽が気になって仕方ない。でも「息づいたEndless」の櫻井さんかっこよすぎて叫ぶことしかできない。二宮さんの高さも絶妙だよなあ。つまり私は少し高い曲が好きなのかもしれません。

【自分がJrになれたらバックにつきたい曲(複数可)】

バックにつくならゴリゴリに踊りたいです。この曲、とかはないけど、かっこいい曲がいいなあ。「Rock this」とか「Cosmos」とか、メインステでみんなで踊るやつ!

【1番好きなペンライト】

あ~~なんだろう。風景かなあ~~?初めてのペンライトだから思い入れが強いのと、持ち手の水色がすごい好きです。

【1番好きな衣装】

強いて言うなら一色でまとめられた衣装が好きなので、BWの「Rock this」とか好きです。

f:id:ineeeee13:20160925103213j:image

よく考えたらスキニーが好きなんですかね……。私が脚フェチだって最近気付きました。膝小僧大好き。足首大好き。自担が普段あまり足を露出しないからかもしれないです。

【よく買う雑誌】

2013年くらいまではテレビ雑誌とかドル誌を買ってたんですが、いろいろあって買うのをやめました。バイトができるようになって、自分で嵐に貢げることに感動してまたテレビ雑誌買い始めたんですけど、見事に金遣いが荒くなりましたね。

【この映像は見て欲しい!というオススメ】

コンサートDVDならLOVEかな。勝手にあのDVDのこと櫻井担殺しって呼んでます。特に1枚目ラスト3曲。

あとTHE DIGITALIANの初回盤についてるDV『Zero-G』一発録りが最高です。みんなのテンションがおかしい。

【ジャニヲタになる前の趣味は?】

ジャニヲタの前なら嵐一筋でした。

嵐ファンになる前…と自分でも考えることがあるんですけど、10年も経てば最早覚えてない。何してたんだろう。同時進行でいろいろ齧ってたのは覚えてるんですけどね……。嵐ファンである自分が当たり前になってしまった今では、その前に私は生きていたのかと不安になるほどです。何が楽しかったんだろう…。

【最近気になっている子】

最近気になってる子、と言ったらちょっと違うかもしれませんが、ジュニアは6年間井上瑞稀一筋です。

【最後に一言!】

実はこの記事書くのに2ヶ月以上要しました。でもたのしかったです!お付き合いありがとうございました。

 

 

 

 

 

稲藤

願いを込めて空に放て

 

 

先日アルバムの詳細が発表されましたね。一瞬にしてTLが「ジャケ写」で埋まりましたがこちとらそんな場合じゃない。収録曲を見て空いた口が塞がらないのです。

 

 

100+さんが2曲…だと…??

 

オイオイ聞いてねえよ(そりゃそうだ)

かれこれ7、8年程100+さんを推している私の話をきいてくれ。

兎にも角にも出会いは「Believe」。100+さんが作詞作曲を手がけられた曲です。かっこいい曲だなと思っていたら1年後、次に作詞作曲した曲が「揺らせ、今を」。テイスト全然違う!いま考えたら当たり前なのですが、当時その曲がとても好きで、それをきっかけに100+さんに惹かれていきました。その時から次はどんな曲がくるかとワクワクする日々です。それから「Boom Boom」とお洒落な曲を挟んで、アルバム『Beautiful World』発売。100+さんの携わった曲、「Rock this」、「always」、「このままもっと」。

は!?!?3曲!?!?

f:id:ineeeee13:20161007185947j:image

もうね、ありがたいの極みですよ。そして問題なのは「このままもっと」(自担ソロ)を作詞作曲しているということ。前に別の記事でサラッと書いたのですが、私が一番好きな自担のソロ曲は「このままもっと」なんです。つまりそういうことです(どういうこと)

一曲ずつ感想を言いたいけど終わる気がしないので100+さんについて軽くプレゼンします!

 

100+(ハンドレッドプラス) /  BSM所属

同じ会社にはyouth caseさん( Love so sweet、Step and go等 )、HYDRANTさん( truth、Breathless等 )、みうらともかずさん( movin' on、モノクロ等 )など嵐に楽曲提供をしている方が多くいらっしゃいます。もっといるんですけど多すぎるので特に好きな方を挙げました。

元々はロックバンドのギタリストをされていた方です。今のところ嵐の曲しか担当していません。

携わった曲は

Future (2007) 作詞作曲
Hello Goodbye (2008) 作詞作曲
僕が僕のすべて (2008) 作詞
Believe (2009) 作詞作曲
Everything (2009) 作詞
揺らせ、今を (2010) 作詞作曲編曲
Boom Boom (2011) 作詞
Rock this (2011) 作詞
always (2011) 作詞
このままもっと (2011) 作詞作曲
together, forever (2011) 作詞作曲
Up to you (2012) 作詞
Endless Game (2013) 作詞
sugar and solt (2013) 作詞
Rock tonight (2013) 作詞
Bittersweet (2014) 作詞作曲
Asterisk (2014) 作詞作曲編曲
Rise and Shine (2015) 作詞
愛を叫べ (2015) 作詞作曲編曲
the Deep End (2015) 作詞
Bang Bang (2016) 作詞
supersonic (2016) 作詞

以上計22曲。数え忘れてなければ。

ここにアユハピから松本ソロの「Baby blue」、大野智プロデュース(?)の「Miles away」の2曲が追加されるわけですけども。必ずひとつは好きな曲、ヘビロテした曲、ありますよね?

 

 

私が今回この記事で伝えたいこととしては、

是非もっとクリエイターさんに目を向けてみてほしい

ということです。

クリエイターさんがいるからこその嵐さんなわけで、いま世に出ている曲はコンペで何曲もの中から勝ち上がった、彼らのために作られた曲なわけです。もう感謝しかありません。ご飯食べる時に農家さんに感謝しましょう、って言うじゃないですか。そういうことなんですよきっと。農家さんがクリエイターさんで、野菜が曲で、料理してくれるレストランのシェフが嵐で、それをお金を払って食べる私たち。

そういうことなんですよきっと(2回目)

 

 

アユハピ、楽しみですね。

そんなこんなでタイトルは初めて100+さんが携わった曲、「Future」からでした。

 

 

 

稲藤

俺らが止まる所じゃないから

 

 

 

まず、嵐さん。17周年おめでとう。

17年前の今日、私はまだ何も知らない赤ん坊だった。もしかしたらテレビの向こうに貴方達はいたのかな。

私が嵐のファンになったのは、10年ほど前だったような、そんな気がする。あまり昔のことは覚えていられない人間だから、はっきりとは言えないんだけれど。確実に覚えているのは、初めて買ってもらった自分用のCDが、Timeだったこと。そしてそれをいつも車で聞いていたこと。それからドラマを見て、少しずつ、少しずつ、さらに、さらに近付いて。小学校4年生の頃には立派な嵐ヲタクができあがってた。

 

話は変わるけれど、嵐っていうグループは、偶然だったのか、はたまた必然だったのか。「辞めたい」と口を揃えて言った彼らはそのままなんの舗装もされてない道を歩き続けて、後にキャスターとか、アカデミー俳優とかになる。

長かった。売れるまで、と言ったら聞こえが悪いかもしれないけど、いま第一線で活躍している後輩グループたちに比べて、あまりにも道のりが長かったように思える。ドームツアーだって、それこそデビューしてから7年くらいかかったし、売れなくてレコード会社から切り離されたことだってあったし。そんな中で「辞めたい」と言っていた彼らが嵐として、ジャニーズとして続けていられたのは、泣きながら訴えた「トップになりたいって夢、絶対叶えようね」っていう言葉があったからかもしれない。

"ただ笑っとこう…"

"きっと夢が叶うとこ…"

いまではあれが嘘だったみたいに、国民的アイドルとまで言われるようになって、テレビで彼らを見ない日はないし、国立競技場だって満員にしちゃうし。でもそれはあの日があったからで。あの、思い通りにいかない辛い日々があったからで。きっと彼らはそれを忘れていない。

一歩一歩近い道などないなら

信じる道を行くしかないから

舗装もされていない道。突然飛び込んだ大きすぎる世界。遠回りでもいい。ひたすら、がむしゃらに走った17年間で、ここまで上り詰めるなんてきっとあの時の彼らは思わなかった。あの時の私たちも、きっとそう。

 

私の人生は嵐で作られてきた。出会った頃がまだ幼かったぶん、見るものすべてがキラキラしてて、嵐というグループは誰よりもかっこよかった。気付けば私の人生の半分以上、彼らと一緒にいる。

 

人一倍の情熱を持って、毎回飛び抜けたコンサートで私たちを楽しませてくれる松本潤。自らの職業は嵐だと言ってしまうくらい、誰よりも嵐のファンである二宮和也。溢れんばかりの笑顔で、どんなに大変な時でも私たちに元気を与えてくれる相葉雅紀。ジャニーズの新しい歴史を作り続け、嵐にも私たちにも立ち続ける力を与えている櫻井翔。全然リーダーらしくないのに、いるだけで嵐をまとめてしまう大野智

全員が大切なひとりで、欠けることのできないひとりで。5人で嵐だから。ひとり増えても、ひとり減ってもそれは嵐じゃないから。「俺らの名前はなんだ」って。5人でしっかりと手を握り合って。何万人ものファンから、いろんな形の、いろんな色の「嵐」が返ってきたときの貴方達が、きっとその瞬間世界で一番幸せな顔をしてる。

 

「嵐でよかった」そう言ってくれる貴方達に出会えてよかった。嵐に出会えてよかった。辛い日々を一緒に乗り越えた貴方達なら、どこまででもいけるよ。

 

まとまりのない文章だったけど、何よりも伝えたいのは「おめでとう」の気持ち。そして、17年間嵐でい続けてくれて「ありがとう」の気持ち。最後にこれからも「よろしくね」の気持ち。

 

こうして気持ちを文章にして改めて思う。

私は嵐が好きだ。

 

 

 

17th anniversary / 9.15.2016

自担に歌ってほしいボカロ曲 ver. 櫻井翔

 

 

 

先日櫻井が私の家に彼女を連れてくるという夢を見ました、稲藤です。

本日はタイトルに書いた通り、ニコニコ動画を漁ってきました。巷で流行ってるみたいなので軽率に便乗です。自担に似合う曲を探すのってすごくたのしいですね……。しかしまあ、気付かない間にマイナー曲ばかりになってしまっていたので、とりあえず一度聴いてみてください。読んでいただければわかると思うのですが、プレゼン力も大変乏しいので本当に聴くのが手っ取り早いと思います……(土下座)。そして同じような曲調のものが何曲かあることに集めてから気付く私。好みが見事にバレてしまう。

それでは、早速ではありますが、「稲藤プレゼンツ 自担に歌ってほしいボカロ曲 」をひとつひとつ紹介していこうと思います。

  

 

1、 solitude

 / 向日葵紅蓮

『solitude』は 「孤独」の意。R&B調の曲です。イメージとしては『Can't let you go』みたいな感じですかね。サビが全部英語…というか、この曲は歌詞のほとんどが英語です。櫻井さんこの曲の歌詞にある「Tell me Tell me Tell me」みたいに同じ言葉を繰り返すイメージあるんですけど、私だけでしょうか?

http://nico.ms/sm17690576

 

2、 余所事 

 / におP

ずっと「よそじ」って読んでたんですけど「よそごと」って読むらしいです。40代かよ。ジャズ調の曲で、サビ前の「今夜君を誘うよ」っていうところがすごくすきです。サビでは「愛のない行為」を表すフレーズがあるんですけど、まあ、そういうの得意でしょ?(誰)

http://nico.ms/sm14917525

 

3、 parallelines

 / dateken

2ステップという、ダンスミュージックから派生したサウンドを使用した曲。ノリの良さが彼に似合いそうだな、と思って選ばせていただきました。タイトルの『parallelines』は「平行線」という意味。個人的にはムービングステージの上で踊ってるイメージです。『Fry on Friday』みたいな。

f:id:ineeeee13:20160902093106j:image

衣装とか雰囲気としては、こんなイメージ…かなあ……。

⇒ http://nico.ms/nm6765815

 

4、 真夜中の微笑み

 / ナナホシ管弦楽団

ギターとベースの目立つ典型的なロック曲ではありますが、意外と合うのではないかと。サビのテンポとか、メロディとか。まああれだ、担当の勘。イントロで中央円形ステージの真ん中に上がってきそう。スライドアップ。コンサートでめたくそかっこよく披露してほしい。きっと惚れる(2651943回目)。

⇒ http://nico.ms/nm19452418

 

5、 Restriction 

 / 人生P

タイトルを訳すと「制限」。半分以上が英歌詞の曲です。ダークでクールな感じがすごく彼に合わせてみたい。ちなみに和訳歌詞も調べたんですけど、まあとてもクレイジーでした。『TRAP』か『モノクロ』の衣装、照明のイメージでぜひ、と勝手に思ってます。

f:id:ineeeee13:20160902090506g:image

余談ですが、キャップ被った櫻井翔ってなんでこんなにかっこいいんですかね。『TRAP』のくるくるするやつ(伝われ)とかずるいですよね。それだけです。

⇒ http://nico.ms/sm18891649

 

6、 Ur-Style

 / dateken

先ほど挙げた『parallelines』と同じ作者さんです。先ほどとは違って少し落ち着いた雰囲気の曲になっています。メインステ→花道(前)→中央ステ→花道(前)→メインステ、って勝手に移動まで決め始める。間奏に入ってる英歌詞のところを大サビ前だけファンに歌ってもらうも良し。

 ⇒ http://nico.ms/nm8325511

 

7、 エンゼルフィッシュ

 / パトリチェフ

またR&B曲。この曲は個人的にとても好きなんですよね。すごく爽やかで気持ちの良い曲です。サビの「So far」と「COLOR」を合いの手入れたい。あとサビは手を振りたいです。これも歌ってくれるなら前曲と一緒の位置でお願いします。軽やかに踊りながら花道を進んで、サビでメインステージ上昇して観客と手を振る。そして合いの手煽る。うん、完璧ですね。

⇒ http://nico.ms/sm21436114

 

8、 バッド・ダンス・ホール

 / カラスヤサボウ

微かに聞こえるイントロで「えっ次!?次これ!?まじ!?キャーーー!!」ってなる。後半の「その手鳴らせ(鳴らして)」で煽られて手拍子。きっと「次は 歌って」って前かがみになって叫ぶ。そして「結んで 開いて」をC&R。サビで腕が飛びそうなくらい手を振る。そんなライブの楽しいところが全部詰まった曲です。帽子を被ったらもれなく櫻井担が死にます。

 

 

ここからはフォロワーさんに募集した中で出てきた曲を少しだけ紹介していきます。

 

 

・ 妄想疾患■ガール

 / れるりり

言われれば確かに歌わせたい。歌詞がアイドル的にアウトですけど。でも音楽はお洒落なのでぜひお洒落に踊ってください。バーテンダーみたいな衣装で全然大丈夫です。それでも色気が溢れ出る自担しか想像できない。

 ⇒ http://nico.ms/sm23721916

 

・ About me

 / 蝶々P

英語曲歌わせたい。もうただそれだけですよね。櫻井担に共通してる願望だと思います。この曲は途中で少しだけ日本語歌詞になるのが鳥肌モノです。若い頃の彼の歌い方に合うのかなあと思ったりもします。でもいまの甘々ボイスでもきっとたまらないんでしょうけど。つまり歌ってくれ。

⇒ http://nico.ms/sm22820339

 

他にも『え?あぁ、そう』や『虎視眈々』などもあってなるほど可能性は無限大だな、と感じました。フォロワーさんから出てきた曲を見てるとやっぱり厭らしい曲が多かったのですが、『T.A.B.O.O』の影響でしょうか。そういうイメージがついちゃったんですね。ちなみに私は「このままもっと」が一番好きです(きいてない)。

 

 

  

さて、以上……と言いたいのですが、ここでなんと更に番外編。自担に歌って欲しい曲を探してたらユニット曲がいくつか出てきて、なんだかひとりで歌わせるのもなあ、と思ったので、サラッと番外編です。お察しの通り、コンビ(自担と誰か)で歌ってほしい曲を少しではありますが、集めてみました。原曲はすべてリンレン曲です。

 

 

・ ナイト&シガレット (バンビズ)

 / それっぽいP

1曲目はみんな大好き櫻井翔松本潤によるバンビズです。これはリンを松本さん、レンを櫻井さんで。クラブで流れるようなお洒落な雰囲気の曲で、絶対ふたりに合うと思ってます。ふたりで女の子はべらせてそうですよね。毎晩お酒飲みながら楽しそうに今まで抱いた女の話をする。「あの子はかわいかったなあ」「旦那と重ねてくるのはありえないよなあ」とか、現実離れした話……。お色気ムンムンで普段のふたりならありえない距離で歌ってください。きっと色気のビックバン。

 ⇒ http://nico.ms/sm19043030

 

・ CRYSTAL MICROPHONE

UNDERGROUND (磁石)

 / tysP

アップテンポのお洒落な曲です。この曲はレンがラップを歌っているので必然的にレンが櫻井さんなのですが、リンは満を持して二宮さんでオススメしようと思います。「居場所なんてあるの?」というフレーズ、メロディ共に二宮さんに歌って欲しすぎる。1番ではきっと右手をまっすぐ伸ばしてぎゅっと拳を握って腹の奥から訴えかけるように歌うんだって勝手に想像してます。

⇒ http://nico.ms/sm18408895

 

・ 魔法の鏡 (櫻葉)

 / ひとしずくP

最近ふざけてる(語弊)相葉さんに真面目な曲を。これはふたりで歌うというより、ひとりは基本ハモリになるんですけど、後半でレンソロがあって鳥肌が立ちます。リンは相葉さん、レンは櫻井さんで、ぜひ1度歌詞を読んで欲しいです。ストーリーが素敵すぎてふたりに合わせたい。

⇒ http://nico.ms/sm19437273

 

・ おおかみは赤ずきん

恋をした (山) 

 / ひとしずくP

切なさがキャパオーバーする曲。これはレンを大野さん、リンを櫻井さんでやりたいです。ひとしずくさんの曲は童謡みたいな世界観がすごく素敵なんですよね。ラストのレンソロを大野さんの透き通るような声で、と思うとたまりませんね。マイペースな大野さんとしっかり者でみんなを引っ張る櫻井さんというふたりの性格を考えながら聴いたら胸が苦しくなりました。

⇒ http://nico.ms/sm18529569

 

 

 

はい。これで本当に以上です。いかがでしたでしょうか。共感してくださる方がいらっしゃったら是非とも語り合いたいので自己主張をお願いします。他にも「この曲もいいよ」や「お前の日本語おかしすぎるよ」等々のコメント、こちらのページでも、Twitterでも承っておりますので、お気軽にどうぞ。

本当に長々と御付き合いありがとうございました。

 

 

 

稲藤

 

 

 

────────────────────

 

追記(2017年1月24日)

少し本文内の言葉を訂正しました。そしてお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、タイトルも変更しました。これを書いてから自担が増えたのが一番の理由です。気が向いたら他の自担も書く………かも……?